忍者ブログ
이 공간의 모든 이야기는 양심없는 무단 수집을 거부합니다. ⓒMuriel.
[35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25
[PR]
2020/04/02 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/05/13 (Fri)
당시 콜 걸에 재미가 들려

 

여자친구가 없던 나는 휴일 전날 밤에 집에 콜 걸을 부르는 게 낙이었다.

 

몹시 추운 날이었다.

 

평소처럼 퇴근을 하고 집으로 돌아가 바로 인터넷으로 고른 콜 걸을 불렀다.

 

내가 예약한 건 20살의 '사키'라는 아이였다.

 

프로필 사진이 꽤 내 취향이었고, 프로필 말투가 귀여워서 마음에 들었다.

 

전화로 예약을 하고 한 시간 정도가 지나, 사키가 집으로 왔다.

 

보통은 프로필 사진과 실물에 차이가 있어서, 사진보단 못생긴 아이들이 오는 일이 많았는데,

 

이번에 집으로 온 사키라는 아이는 숏 커트에 둥근 얼굴형의 여동생 타입의 아이라서 솔직히 놀랐다.

 

 

목소리도 귀여워서 나는 몹시 흥분했다.

 

나는 시간이 너무도 아까워서 샤워기가 고장났다고 거짓말을 하고

 

바로 그녀를 침대로 데려 갔다.

 

침대에 앉아 있는 모습이 귀여워서 휴대폰으로 그 모습을 찍어 두었다.

 

 

 

 

 

일이 끝나고, 함께 침대에 누워 있는데

 

사키가 갑자기 이상한 것을 물었다.

 

 

 

"손님, 손 잘려 본 적 있어요?"

 

"뭐? 무슨 소릴 하는 거야?"

 

"그러면, 발을 잘려 본 적은?"

 

"대체 무슨 소릴 하는 건데."

 

"그쵸. 모를 거야. 그럼 난 이만 가 볼게요."

 

그렇게 말하고는 옷을 입고 돌아갈 준비를 하기 시작했다.

 

나는 사키에게 폰메일 주소를 달라고 했지만

 

"괜찮아요. 또 만날 테니까."

 

"뭐?"

 

"다음 번에는 손님이 나한테로 올 차례에요. 후훗."

 

"네 집으로 말인가?"
 

"네. 그래요."

 

"주소도 모르는데 어떻게?"

 

"괜찮아요. 괜찮대도. 날 믿어요."

 

 

그 아이는 조금 특이하달까,

 

머리에 조금 문제가 있는 아이같았다.

 

그리고 사키가 돌아간 후 30분이 지났을 때.

 

"딩동♪"

 

현관 벨 소리가 울렸다.

 

손님인가 싶어 문을 열자, 호화로운 목걸이를 하고 두꺼운 화장을 한

 

30대처럼 보이는 통통한 여자가 서 있었다.

 

 

나를 보자마자, 그녀는 짜증날 정도로 날카로운 목소리로 말했다.

 

"늦어서 죄송해요~ 사키에요."

 

나는 뭔가 착오가 있었다고 생각해서

 

"저기.. 사키는 아까 왔다 갔는데요?"

 

"네? 다른 곳에서 사키라는 애를 예약하신 거 아니시구요?"

 

"아닙니다. 그 쪽 가게 말고는 지명 안합니다."

 

"이상하네~ 손님이 지명하신 건 저고, 저 이외에 사키라는 이름을 가진 애는 없는데.

 

옛날에는 있었지만... 설마...."

 

 

"예전에 있었다는 그 사키가 왔던 거 아닐까요?"

 

"죄송하지만, 그 애의 생김새를 설명해 주시겠어요?"

 

내가 그 아이의 모습에 대해 설명하자, 그녀의 얼굴이 더욱 새파래졌다.

 

"전에 점장님한테 들은 이야기인데요,

 

전에 일했던 사키는 갑자기 행방불명이 되서 연락이 끊겼대요.

 

그런데, 그 애가 점장님한테 '손님 한 명이 스토커 짓을 한다'며 상담을 했었대요.

 

우리 사이에선 그 스토커한테 살해당한 게 아니냐는 소문이 돌고 있긴 한데..."

 

 

나는 심장이 멎을 뻔 했다.

 

 

"농담 하지 마세요."

 

"저도 손님 말씀 듣고 섬뜩했어요."

 

 

 

그녀를 그렇게 돌려 보내고 나서

 

나는 문득 깨달았다.

 

처음에 온 사키에게 요금을 지불하지 않았다.

 

아, 그러고 보니 그 아이의 모습을 사진으로 찍어 둔 게 기억나

 

침대에 놓아 두었던 핸드폰을 꺼내 사진을 확인했다.

 

 

 

 

"으악!!"

 

 

너무도 무서워서 나는 전화기를 벽에다 집어 던졌다.

 

전화기 액정 화면에 비치고 있는 사키의 모습은

 

얼굴이 이상하게 일그러져 있었고,

 

새하얀 얼굴색에, 눈은 새빨갛고, 입에서는 피같은 침을 질질 흘리며

 

기분나쁜 미소를 머금고 있었다.

 

 

 

 

그 후, 나는 콜 걸을 부르는 것을 그만 뒀다.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

그렇지만 나는 이미 저주받은 상태였다.

 

그로부터 한 달 후, 몸 상태가 나빠져 병원에 입원해 정밀 검사를 받았다.

 

그리고 내 몸에서는 이 발견되었고, 1년의 시한부 선고를 받았다.

 

사키가 다시 만날 거라고 했던 말은 이것을 의미하는 것이었다.

 












               三か月ほど前の話しです。 

当時、デリヘルにハマっておりまして、社会人で彼女のいない私は 

休日前の夜にデリヘル嬢を自宅に呼ぶのが楽しみの1つでした。 

とても寒い日でした。いつものように会社が終わり自宅へ戻ると 

私は早速、ネットで調べてデリヘル嬢を呼ぶことにしました。 

私が予約したのは20歳の若い子で早紀という名前の女の子でした。 

プロフィールの写真が結構タイプだったのと、ブログの書き方が可愛らしかった 

ので気にいりました。 

予約の電話を入れてから1時間ほどで自宅に来ました。 

普通はプロフィールの写真は結構嘘っぽくって写真とはぜんぜん違い不細工な子が 

来るパターンが多かったのですが、今回自宅に来た早紀という女の子は 

髪がショートで顔が丸く、可愛い妹タイプの女の子で正直驚きました。 

 

 

626 本当にあった怖い名無し sage 2011/02/06(日) 20:28:33 ID:OgqPxaOy0声も可愛らしくて、私は最高に興奮しました。 

わたしは時間がもったいないと思い、シャワーは壊れていると嘘を言い 

早速、ベッドに連れ込みました。あまりに可愛い子だったのでベッドに座る早紀の姿を 

携帯で撮りました。 

そして、早速エッチを開始しました。 

「やん、お客様のエッチ」と行為中に交わす会話もより興奮を覚えました。 

早紀のあえぎ声もエロくてデリヘル嬢を呼んでここまで興奮したのは初めてでした。 

そして、行為が終わり、2人で添い寝していると早紀が変なことを尋ねて来ました。 

「ねえ、お客さん。手を切断したことあります?」 

「へ? 何言い出すの急に?」 

「じゃあ、足を切断したことあります?」 

「君の言っている意味が分からん」 

「ふふふ、そうだよね。お客さんそろそろあたし行くね」 

そう言うと服を着替えて、帰る準備を始めた。 

私は早紀に携帯のアドレスを聞こうと声を掛けると 

「大丈夫だよ。お客さんとまた会えるし」 

「へ?」 

「今度はお客さんがあたしの所へ来る番だよ。ふふふ」 

 

 

627 本当にあった怖い名無し sage 2011/02/06(日) 20:30:00 ID:OgqPxaOy0「会いに行くって君の自宅へ?」 

「うん、そうだよ」 

「住所分からないのに行けないよ」 

「大丈夫、大丈夫、あたしを信じて」 

意味が分かりませんでした。この子は変わり者というか、メンヘラに見えました。 

そして、早紀が帰って30分くらいしてからです。 

[ピンポーン]とインターホンが鳴りました。 

誰か、客が来たと思い、ドアを開けると華奢なネックレスに厚化粧の30代に見える 

小太りの女性が立っていました。私を見るなり、その女性は 

うっとうしいほどの甲高い声で 

「遅くなってすみませーん。早紀でーす。よろしくね」 

私は何かの間違いと思い 

「あの~すみませんが、早紀さんはさっき来られましたよ?」 

「え? 失礼ですけど、別のお店で早紀という女性を予約されたのでは 

ないでしょうか?」 

 

 

628 本当にあった怖い名無し sage 2011/02/06(日) 20:30:54 ID:OgqPxaOy0「いえ、あなたの店以外では指名なんてしてませんよ?」 

「おかしいなぁ~お客さんが指名したの私ですし、私以外に早紀という名前の 

女の子はいませんし、昔はいましたけどね・・・まさかね」 

「昔いた早紀さんが来たのではないでしょうか?」 

「すみませんがその子の特徴を説明して頂けませんか?」 

私が容姿を説明すると、その女性は真っ青な顔になり 

「前に店長から聞いた話しなんですが、以前勤めていた早紀さんは突然行方不明 

になったそうで連絡が取れなくなったとか・・・ 

でね。その子、店長にお客様の1人にストーカー行為をされてるって相談したらしいの 

よ。その子が行方不明になったのはもしかして、殺されてどこかに埋められているんじゃないかって、ちょっとした噂になっているのよ」 

私は心臓が止まる思いがしました。 

「ちょ、ちょっと冗談やめてよ。怖いですよ」 

「私もあなたの話しを聞いて背筋がぞっとする思いがしたわ」 

 

 

629 本当にあった怖い名無し sage 2011/02/06(日) 20:31:54 ID:OgqPxaOy0その後、プレイしたばかりとキャンセルした私はあることに気づきました。 

そういえば、最初に来た早紀って名前の女性に料金を支払ってはいなかった。 

私もすっかり気付かなかったけど、これは一体・・・ 

あ! 携帯であの子の画像を撮ったことに気付いた私は携帯の置いてあるベッドまで 

急いで走りました。そして、画像を確認すると 

「うあ!!」 

あまりの恐怖に携帯を壁に投げつけました。 

携帯の液晶画面にうつっていた早紀の画像は、顔が異様に歪んで、顔の肌が真っ白で 

目が真っ赤で口から血のような赤い涎を垂れ流しながら、不気味な笑みを 

浮かべていました。それから、私はデリヘルを利用するのをやめました。 

 

 

630 本当にあった怖い名無し sage 2011/02/06(日) 20:33:02 ID:OgqPxaOy0しかし、私は完全に呪われていました。 

それから、一か月後、体調不良のため病院で検査入院をしました。 

そして、両親同席の元で癌で余命1年と宣告されました。 

早苗がまた会えると言った意味が分かった気がします。 

デリヘルを利用される際は早苗というデリヘル嬢に気を付けてください。 

いえ、名前を変えて現れるかも知れません。 

私は早苗がこの世の人間ではないと確信しております。 

長々とすみませんでした。 

残りの人生楽しもうと思います 

 
PR
댓글 달기
이름
제목
글자색
내용
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
이 글에 대한 트랙백
이 글에 트랙백 걸기:



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Muriel
이 공간의 모든 내용의 무단 유출을 허용하지 않습니다.
Bookmark
캘린더
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
최근 댓글
[01/19 노홋]
[01/19 노홋]
[01/19 노홋]
[01/19 노홋]
[01/19 노홋]
사이트 내 검색
방문자 집계
Designed by TKTK
PHOTO by mizutama



忍者ブログ [PR]